月別アーカイブ: 2012年3月

2012.04.19(thu) Dancin’ In Outer Space vol.4

ホテルのラウンジをクラブに見立てて行ってきた、僕がレジデントDJを務めているイベント『Dancin’ In Outer Space』。来月で一区切りとなります。6月からは新しいカタチで引き続き行っていくんですが、その前に今回の第4弾を一緒に楽しみましょうっ!!

ホントに毎回毎回、楽しんでやらせてもらっているんで(笑)
よろしくお願いします!!

0419DOSvol4

Dancin’ In Outer Space vol.4

2012.04.19(thu)
Open 19:00 Close 24:00
Entrance fee : 1000yen(別途1drinkオーダー500yen)

Genre : Soulful & Deep House / Nu Jazz / Soul / Funk

DJ : Fuminori Kagajo / Toshiya Watanabe
MC : KATSUNORI (FM NORTH WAVE)

at. meetlounge – CROSS HOTEL SAPPORO 2F
札幌市中央区北2条西2丁目
tel.011-272-0069

BAR meetloungeがCLUBに変わる?!
ちょっとオシャレで仕事帰りにでも立ち寄れる、新しいアプローチのCLUB。
札幌を拠点に世界で活躍するDJ / プロデューサー、Fuminori KagajoがレジデントDJを務めるパーティー。DJがプレイする上質な音楽と美味しいお酒。『踊れる』『会話も楽しめる』大人のための空間を演出します。

Fuminori Kagajo

DJ/プロデューサー。
札幌を拠点に、DJとして国内外のクラブ、ラウンジ、ファッション・ショーでプレイ。
99年より兄・匡貴のパフォーマンス『scherzo(スケルツォ)』の音楽を担当。
プロデューサーとして海外のレーベルから精力的に作品をリリースし、2010年にNYの名門HOUSEレーベル、King Street Soundsからリリースされた「Piece of Heaven feat. Adeola Ranson」がヒット。
昨年10月に発売された、2012年発売予定のアルバムからの先行配信シングル『Beautiful Sky feat. bird』がFM NORTH WAVE 2011年10月度のMEGA PLAYを獲得。
今、世界から注目されている日本人DJ / プロデューサーの一人である。

デジタルDJ

昨日、Facebookの方で書いたんですが、デジタルDJについてフランソワ・ケヴォーキャンがとても興味深い発言をしていたので、僕なりに感じたことを書いてみました。

フランソワ・ケヴォーキアンが熱く語る「デジタルDJ vs アナログ原理主義」

僕も「Traktor」は持っているけど、まだ現場では使ったことがない。基本的にCDとアナログでプレイする。
Carl CoxがデジタルDJが出たてのころ、「時代の流れには逆らえない」的なことを言っていたのを思い出した。それと、「DJの敷居が低くなった」とも言っていた。
僕が思うに、旧譜をメインにしたダンクラやソウルといったDJ以外はデジタル音源に移行せざる得ないのが現状のような気がする。なんせ、新譜がデジタルでしか発売されないものが多いから。。。
でも、クリエーターの立場から言えば、やはりアナログで自分の作品が発売されるは最高に嬉しいです。

音質の違いも勿論あるけど、PCでのDJに多くの人が嫌悪感を抱く原因は、やはりオートマチックになんでも出来てしまう部分かなと。
そこをメリットととしてPCでやる人もいるけど、見ていて何となく味気なく感じる部分もあると思う。実際はCDに焼いてやるのも、PCでやるのも音的に大きな違いはないとは思うけど、グルーヴに関してはどうだろうか?!悩ましいところでもある。

先日、知人のDJを観に行った時に、PCがトラブルで使えなくなっても、すぐさまCDでプレイを始めていた。やはり、こういった対応が出来なければいけないとは思う。
さすがに、家にPCとMidiコンしかない人が「僕はDJです」というのには、未だに抵抗があるのは僕の考えがまだまだ古いってことなのだろうか(笑)
ただ、アナログでの新譜のリリース量を考えると、アナログのみでDJするのもどうだろうなとも思う。

先に書いたCarl Coxの発言の通り、時代の流れを受け入れながら自分なりのスタイルを確立していくことが重要になっていくんではないかと思う。どんなスタイルでやってもDJのやるべきことは変わらないはずなので。

この議論はまだまだ続いていく気がしますね。